金融機関の「EQ教育」が本格スタート
行内のモチベーションとコミュニケーションの向上で業績を上げる

HOME | 金融機関の「EQ教育」が本格スタート

2021917日発刊の金融専門誌「ニッキン」に、弊社が実施した支店長候補者を対象にした「新任支店長代理ビジネスEQ(心の知能指数)研修」が掲載されました。ぜひご覧ください。
https://www.nikkin.co.jp/nikkin_m/media/personnel/a3305
 

背景

 
コロナ過において金融機関、特に地方銀行の EQ導入が本格化している。
支店長研修、次期支店長研修、新人〜6年目までの若手研修と階層別に導入する金融機関が多い、狙いは今まで手がつけられなかった「マインド教育」にある。知識や技術や資格という研修がメインで、モチベーション、コミュニケーション、リーダーシップという「人間力向上の講座」は実施されていない。これからの金融機関に必要なモノは、顧客(クライアント)を経営を思う、寄り添う、指導するという「心のコンサル」ではないだろうか。また行内においてもスタッフの悩みや課題を聴いてあげ解決していくという「コーチング手法」が欠かせない。
 
ジャパンラーニングの「 EQ教育」は自己の行動特性に把握にはじまり、メンバーの EQ理解とコーチング、自己の EQ開発によるチームの業績向上という業務に直結させることが特長です。集合Ⅰという前期から3ヶ月の行動期間を経て集合Ⅱ後期と進みます。
 

 
この期間の業績成果と自己の EQ、組織の EQを振り返ることが重要です。
このフォローという活動がマネジメントの対象です。今までのやりっ放しの研修では受講しただけ、知識として入れただけとなります。これからの時代に重要なことは「現場での行動」、ここが答えです。
 

 

プログラム

Session1「これからの人材の条件〜EQ入門 」
金融機関:これからのマネジメントで重要なこと
 
Session2「EQプロファイリング〜自己認識力」
金融ビジネスに必要なヒューマンスキル(EQスキル) 
 
Session3「目標開発〜後期までの成果とEQ開発」
 
オンラインにて実施

お問い合わせ

CONTACT

主要コンテンツ一覧

ビジネスEQオンライン研修

製造現場向けEQオンライン入門研修

サービスEQ研修コース

ビジネス人間力シリーズ

インサイドセールストレーニング

五島・対馬現地体験型トレーニング

中高年社員向けシニア研修

人事考課者研修

営業コンプライアンス研修