階層別・職種別スキル開発

各階層ごとに必要な能力を着実に身につけていくことで
専門性とキャリアをあげたプロフェッショナル集団組織を構築します。
 
 
 
 
 
 
 
 

ビジネス教育の本質は「人間力」

我々は、各階層に対して「人間力」を鍛えることがビジネス教育の本質であると考えております。ビジネスパーソンに根本的に必要なものは、人格や人間性であり、顧客や従業員に夢や感動を与えられる能力だと考えるからです。ゆえに、単なるスキル開発の教育ではなく、組織の中に潜む埋もれた情熱や創造性を引き出し、成果へとつなげていきたいと考えております。
ビジネスを動かすのが「人」である限り、この「人」を動かすための魅力を磨くことの大切さと成果にこだわることの大切さを伝え、実践させることがジャパンラーニングの使命だと考えております。

 
 
 

現場に変化をもたらすことをお約束します

我々は、各階層に対して「人間力」を鍛えることがビジネス教育の本質であると考えております。ビジネスパーソンに根本的に必要なものは、人格や人間性であり、顧客や従業員に夢や感動を与えられる能力だと考えるからです。ゆえに、単なるスキル開発の教育ではなく、組織の中に潜む埋もれた情熱や創造性を引き出し、成果へとつなげていきたいと考えております。
ビジネスを動かすのが「人」である限り、この「人」を動かすための魅力を磨くことの大切さと成果にこだわることの大切さを伝え、実践させることがジャパンラーニングの使命だと考えております。

 
 
 

我々が目指すのは、育てる組織風土の醸成

我々が各階層に対して教育を行い、起こしたいゴールは、一人ひとりが会社や目標に対してコミットできる姿勢を身につけること。そして、育てる組織風土を醸成することです。新人の成長に感化され、若手が更なる目標にチャレンジし、メンバーの成功や成長のためにマネジャーが奮闘し、シニア層もリーダーシップを発揮して後進の育成に力を発揮するような組織風土づくりを意図しております。そのような組織風土こそ、個人の成長と、業績の健全な向上を維持すると考えるからです。モチベーションの原因は、必ず組織にあります。その解決と支援ができれば、大きな成果に結びつきます。事業成果の上がる教育研修を実現させることが我々のミッションだと考えております。

 
 
 

各コースでスキルを認定し、
顧客を含むステークホルダーからの信頼を獲得します。

-階層別スキル開発研修コース-

 

1.実践型「新入社員研修コース」

社会人としての心構え/ マナー/ 信頼を作る行動/ 挨拶/ 身だしなみ
時間管理/ ビジネス電話/ コミュニケーション基礎/ 書く力/ 読み解く力
仕事のすすめ方/ 目標やビジョン
 
 
 

2.次世代リーダー育成「若手社員研修コース」

自己認識力/ 対人理解力/ 状況判断知性/ 一歩前に踏み出す力/ 考え抜く力
チームで働く力/ 心のこもった「挨拶」/ 上司や先輩に好かれる「態度能力」
顧客評価を高める「スピード」ある対応/ 成功するファシリテーション
 
 
 

3.中堅社員のための「ビジネススキル プロ実践コース」

「成果」の考え方/ 創出する行動変容/ 必須目標と努力目標/KPI の設定
アジャイル的プロセス手法/ マーケティング活用/SWOT とBMC 活用法
質問法を活用したヒアリング技法/ ビジョンとミッションと目標の立て方
 
 
 

4.経営幹部養成「マネジメント変革研修コース」

事業計画/ 組織EQ 開発/PL/BS とキャッシュフロー/ROE とROA、ROI
マネタイズとファイナンス思考/ コーチング/ 面談スキル
PEST 分析、プロダクトポートフォリオマネジメント/SWOT クロス分析
 
 
 

5.中高年社員向け「モチベーション開発研修コース」

環境の変化と自己の棚卸し/モチベーションとチャレンジ/トライ
現状の分析と原因/モチベーション曲線/これからの曲線
ビジョン構築/明確な方向性と挑戦/コーチング実践/コミットメント作成
 
 
 

6.評価の共有と目標構築「人事考課者研修コース」

組織目標/ 部や課、社員の目標が連動した目標設定/ 公平感のある目標
個々の部下の特性や能力の把握/ こまめなフィードバック手法
人事評価の正しい手順/ 人事評価シートの記入方法
 
 
 

7.日本で働く動機付け「外国人社員研修コース」

日本型ビジネス/日本人とのつきあい方/日本での生活/異文化理解
仕事のすすめ方/ 価値観・仕事観/外国人社員特有の課題や悩み解決
ビジネスマナー/コミュニケーションスキル/成果目標とスキル開発
 
 
 
 

 

各階層ごとに必要な能力を着実に身につけていくことで
専門性とキャリアをあげたプロフェッショナル集団組織を構築します。

全コースオンライン・ライブで提供。

 
これまで集合研修による人材育成を中心に進められてきました。
しかしながら、「密集、密接、密閉」のいわゆる「3密」を避けつつ、確実に人材育成する方法が求められています。ジャパンラーニングの全研修コースは、従来の「集合型研修」ともに「オンライン・ライブ型研修」をご提供しております。
全ての受講者が、自宅やオフィスなどのそれぞれの環境から、オンライン会議システムを利用して、非対面で受講します。
これまでの集合研修(全受講者を一か所の研修室に集めて実施する対面型の研修)とは異なり、場所や移動の制約にとらわれず、柔軟な受講が可能です。
従来の集合研修以上の研修効果を実現します。

-職種別スキル開発研修コース-
開発/ 設計/ エンジニア/SE/CE/ セールス/ サービス

マネジメント 

階層別マネジメント研修
考課者面談
チームマネジメント
ビジネスコーチング
リスクマネジメント
サービスマネジメント 
 

リーダーシップ

リーダーシップ開発
企業変革とリーダーシップ
変革型リーダーシップとビジョン
戦略策定リーダーシップ
実践型リーダーシップ
求められるリーダー像
 

営業スキル

営業スキル強化
営業プロセスの課題分析
ソリューション営業(基礎)
ソリューション営業(実践)
営業戦略立案と実践支援
提案・交渉・クロージング
 

経営戦略

経営戦略
事業構想力
戦略的意思決定
シナリオプランニング
コーポレートガバナンス
アクションラーニング
 

CE/SE

プロジェクト・マネジメント
セキュリティ・マネジメント
サービス・マネジメント
ファシリティ・マネジメント
テクニカルスキル
ヒューマンスキル
 

サービス

サービスマネジメント
ホスピタリティマインド
お客様視点と仕事に臨む姿勢
CSES
チームワークと連携
対応力と感性
 
ジャパンラーニングの研修教育事業は企業オリジナルの問題や課題を解決し、新たな価値を創造する成果開発事業です。

次回フォロー研修までのコミットメント開発

 
研修のアウトプット(成果物)は次回までの目標開発です。この目標にコミットさせます。受講者一人一人が目標に向かってモチベーションを上げ、現場で大きな成果を創りあげること。その原点となるのが、研修で創り上げたコミットメントです。この目標という「What」は講師が
与えるものではなく、自らが構築するものです。作業をする人材を育てるのではなく、自らWhat を構築する人材を育てます。
振り返り研修ではコミットメントの実現に向けて何に取り組みアクションを行ったのか?その取り組みで何ができて、何ができていないのか? なぜうまくいったのか? いかなかったのか?自分にベクトルを向けること。自分に不足しているコンピタンシーは何か?この振り返り研修を通して確実に会社へコミットメントする姿勢を身につけていきます。
 

見えない部分にこそ、成果を生み出す能力がある

弊社は創業以来、企業で働くビジネスパーソンに向けてEQ に基づく「成果」を生む「行動」を起こす「モチベーション」にフォーカスして研修事業を行ってまいりました。EQ ソフトコンピタンシーといわれる能力は、すぐに身につくものではありません。様々な角度から、継続して努力することにより、身につくものです。弊社は、この「みえない」部分にこそ「成果」を生み出す「モチベーション」と「行動」を起こすと考え、開発に取り組んでおります。

人材育成戦略の羅針盤

 
弊社では多くの企業事例を所有しています。ご遠慮なくお問い合わせください。
EQはこれからのビジネスに欠かせない基盤となるコンピテンシーです。
若い時にこのコンテンツに出会って欲しい。デジタル化が一気に進む中で人と人の関係性=人間関係をEQを通して構築して欲しい。
人間にしかできない事を私達人間がやらなければならない。
逃げないという覚悟をもって。ITIoTAIでは出来ない事をやり遂げましょう。

お問い合わせ

CONTACT